小芝風花(こしば ふうか)ちゃん

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

小芝風花(こしば ふうか)

生年月日:1997年4月16日

身長:158cm

大阪府出身

女優

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

小芝風花ちゃん まとめ

小芝風花、1997年4月16日生まれ、大阪府堺市堺区出身の女優。

名前の由来は、松山千春のヒット曲『大空と大地の中で』の歌詞から母が選んだ「風花」という美しい名前に込められた思いと共に、彼女は芸能界で輝くための旅を始めました。

小学3年生から中学2年までの5年間、フィギュアスケートに熱中し、冬季オリンピックを夢見るほどの情熱を傾けていました。

しかし、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でのグランプリ受賞を機に、芸能活動への道を歩むことに決め、フィギュアスケートからの引退を選びました。

2012年、ドラマ『息もできない夏』で女優デビューを果たし、以降、数々の作品でその才能を開花させていきます。

2013年には『スケート靴の約束』に出演し、2014年には初主演映画『魔女の宅急便』でスクリーンデビューを飾り、第57回ブルーリボン賞・新人賞、第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞するなど、その演技力は早くから高く評価されました。

『あさが来た』でヒロインの娘・千代役として出演し、その後も『マッサージ探偵ジョー』で連続ドラマ初ヒロインを務めるなど、その活躍の場を広げていきます。

特に、『トクサツガガガ』での連続ドラマ初主演は、小芝風花の新たな魅力を引き出し、彼女の演技人生における重要な節目となりました。

小芝風花は、フィギュアスケートで培った精神力と体力を女優業にも活かしています。

彼女が座右の銘として掲げる「夢に向かって努力すること、夢をあきらめないこと、成功した自分を想像すること」という言葉は、彼女自身の人生観を象徴しており、挑戦を恐れず、常に前向きに努力を続ける姿勢が多くの人々に感銘を与えています。

憧れの女優として満島ひかり、安藤サクラ、寺島しのぶ、蒼井優の名を挙げる小芝風花は、彼女たちのように多面的で深みのある演技を目指し、日々進化し続けています。

また、業界内外での広い交友関係も持ち、その人柄の良さから多くの同僚たちと深い絆を築いています。

フィギュアスケート選手から女優へと変わった彼女の道のりは、夢への挑戦と情熱の物語です。

小芝風花はこれからも多くの人々を魅了し、日本のエンターテインメント界で輝き続けることでしょう。

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

スポンサーリンク

👆🐉全員 3万5000円もらえます👆

\女優・アイドルの写真集も読み放題 /

【無料】Kindle Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!