元欅坂46の長濱ねる(ながはま ねる)ちゃん

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

長濱ねる(ながはま ねる)

生年月日:1998年9月4日

身長:159cm

長崎県長崎市出身

欅坂46・けやき坂46 元メンバー

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

長濱ねるちゃん まとめ

長濱ねるは1998年9月4日、長崎県長崎市に生まれました。

幼少期を五島列島・中通島で過ごし、地元の小学校に通いながら、自然豊かな環境の中で育ちました。

彼女の子供時代は、地元のケーキ屋でキャラクターケーキを楽しみにしていたり、ロードレース大会での表彰台登壇など、平凡ながらも充実した日々を過ごしていました。

AKB48や乃木坂46のファンとしてアイドルに憧れを抱きつつ、高校時代にはクイズ番組への出場や巫女としてのアルバイト経験など、多彩な活動を経験しています。

長濱ねるの人生が大きく変わったのは、高校生の時に欅坂46のオーディションに挑戦したことでした。

最終審査には参加できなかったものの、特例でけやき坂46(ひらがなけやき)に加入し、後に欅坂46としても活動することになります。

この決断は、彼女自身の未来だけでなく、家族の理解と支援があってのことでした。

特に、教師として働く姉からの「失敗してから手を貸してあげたほうがいい」という助言は、長濱にとって大きな後押しとなりました。

欅坂46として活動を開始してからは、「サイレントマジョリティー」に収録されるユニット曲でCDデビューを果たし、さらにはソロ曲を担当するなど、彼女の才能が開花していきました。

欅坂46の専任メンバーとなった後は、初のソロ写真集『ここから』を発売。その写真集は大ヒットを記録し、彼女の人気を不動のものにしました。

2019年には欅坂46を卒業し、一時的に芸能活動から離れますが、2020年7月に芸能界へ復帰。

『セブンルール』でのMC就任や、エッセイの連載開始など、タレント、女優として幅広い活動を展開しています。

また、西九州新幹線長崎県広報大使や『TOKYO IDOL FESTIVAL』のチェアマンを務めるなど、地元長崎への貢献も忘れていません。

趣味は知らない街の散策や読書、釣りなど多岐にわたり、特に読書に関しては幅広いジャンルの本を愛読しています。

けやき坂46時代からのサイリウムカラーは紫×紫で、メンバーやファンからも愛される存在でした。

長濱ねるの物語は、長崎の小さな島から始まり、国民的アイドルグループの一員として輝き、現在は多方面で活躍するタレントとしての道を歩んでいます。

彼女の旅路は、夢を追い続けるすべての人にとって、大きな勇気とインスピレーションを与えてくれるでしょう。

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

スポンサーリンク

👆🐉全員 3万5000円もらえます👆

\女優・アイドルの写真集も読み放題 /

【無料】Kindle Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!