日向坂46の東村芽依(ひがしむら めい)ちゃん

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

東村芽依(ひがしむら めい)

生年月日:1998年8月23日

身長:154.5cm

奈良県出身

日向坂46メンバー

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

東村芽依ちゃん まとめ

東村芽依は1998年8月23日、奈良県に生まれた日向坂46のメンバーです。

彼女の子供時代は、ピアノの練習やカラーガード部、そして高校では茶道部への所属と、多彩な趣味と活動に熱中していました。

2016年に高校3年生の時、けやき坂46のメンバーオーディションを受け、見事合格し芸能界への第一歩を踏み出します。

彼女はその後、けやき坂46(後に日向坂46に改名)の主要メンバーとして、グループの顔となりました。

東村はドラマ『Re:Mind』での演技や、日向坂46の楽曲「ソンナコトナイヨ」および「君しか勝たん」でのフロントメンバーとしての活躍により、注目を集めています。

特に「どうする?どうする?どうする?」でのセンターポジションは、彼女にとって重要なマイルストーンとなりました。

2022年には、彼女の人生とキャリアの新たな節目として、初の写真集『見つけた』を発売し、ファンから高い評価を受けました。

彼女の人柄としては、愛称「めいめい」として知られる東村は、家族思いで人懐っこい一面を持ちます。

特に、乃木坂46の白石麻衣に憧れ、自身も多くの人に愛されるアイドルを目指しています。

趣味のカフェ巡りや、好きな色のピンク、そしてディオールといったブランドへの愛好など、彼女の私生活にもその人柄が反映されています。

また、東村は「奈良のチーター」とも呼ばれるほどの運動能力を持ち合わせており、特にダンスにおいてその才能を発揮しています。

『SASUKE』への挑戦や、日向坂46の番組内での活躍は、彼女がただのアイドルにとどまらず、多方面で才能を発揮していることを証明しています。

日向坂46内での彼女の立ち位置は、メンバー間でも特に親しまれる存在です。

藤嶌果歩や高本彩花、山口陽世との親密な関係は、ファンにとっても魅力的なエピソードとなっており、彼女たちとのコンビネーションはグループの中でも特別なものとされています。

東村芽依のこれまでの歩みは、アイドルとしてだけでなく、一人の多才な女性としても、多くの人々に影響を与え、インスピレーションを提供しています。

彼女の今後の活躍にも大いに期待が寄せられています。

\👇女優・アイドルの応援をお願いします👇/

スポンサーリンク

👆🐉全員 3万5000円もらえます👆

\女優・アイドルの写真集も読み放題 /

【無料】Kindle Unlimited

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!